yasyu_

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレイズ・ユニオン ソルティエ台詞集

BU_soru_buzama.jpg

今日覚えて明日使えるソルティエ台詞集

当然皆さんはソルティエの本編中テキストを全て暗記しておられる方が大半だとは思いますが、
意外と知られていないのが戦闘中のボイスや隣接会話
という訳でソルティエ皇帝陛下のありがたいお言葉の数々を紹介
お友達にも教えてあげてくださいね



・戦闘会話
戦闘会話はaルート、cルート共通

デュエル準備 ※ボイスのみ
「打ち破る!」

突撃
「ここで消えてもらう!」

突撃連戦
「斬り捨てるぞ!」

反撃
「その程度か!」

反撃連戦
「生温いな!」

反撃失敗
「ほう、やるではないか?」

クリティカル
「つまらぬな…」

クリティカル敵生存時
「狩り残しが出たか…」

被クリティカル ※ボイスのみ
「チッ。」

フラッシュアタック
「ぜいっ!!」

フラッシュアタック3HIT
「シャッ!」

ユニットダメージ ※ボイスのみ
「捨て置け」

通常勝利
「無様だな。」

辛勝
「俺だけ、か。」

ユニット士気0
「……無様、だな。」

スキル発動
「痛みを知れ……」

インサニティ詠唱
「狂気に滾る悪魔ネルガー…
 我に弓引く者に災いを!
 血と涙を流すのだ!」

インサニティ失敗
「しくじった、だと?」

スキルガード
「下らぬな。」

被状態異常
「…フン!」

被アイテムブレイク
「…フン!」

被フォーチュン
「…とんだ茶番だな。」

被ジェノサイド
「魔竜の血を目覚めさせたか…」



チャプター6 aルート「真実の代償」
BF「双竜激突」

ガルカーサは隣接会話無しだが、ソルティエの士気が50%以下に減少した時専用会話イベント発生
シスキア、エミリオ、ベアトリーヌはaルート出撃不可

ガルカーサ専用会話
ソルティエ「ガルカーサ…、魔竜の力を
      自ら呼び覚ましたと聞いた。」
     「しかしその道は、修羅か羅刹の道。
      その重みに気付いてはいまい…」
ガルカーサ「そう思うのは勝手だ。
      だが俺は、全てを理解し、
      この力を手に入れた。」
ソルティエ「魔竜の血は人を不幸にする……」
     「お前は力と引き換えに、
      人である事を失ったのだ。
      この俺と同じようにな!」
ガルカーサ「お前と…、同じ?
      いや、断じて違う!!」
ソルティエ「どこが違うというのだ!」
     「ガルカーサと名乗ってからの、
      お前の破壊力と破竹の進撃、
      そして流した血の量。」
     「それこそが魔竜の血がもたらした
      甘美なる暗黒の力。」
     「そのうちにお前は、
      自分の意志を徐々に失い、
      魔竜のそれに支配されていく。」
     「後ろを見ろ! 振り返れ!!
      そして転がる屍の山を直視して、
      己の決断を呪うがいい!!」
ガルカーサ「黙れ! 俺はお前とは違う……
      戦いの先に、理不尽のない
      新しい世界を必ず創り出してやる!」
ソルティエ「フッ、笑わせてくれる。」

ジェノン隣接会話
ジェノン「お前さえ倒せば、
     僕らの戦いの、全てが報われる」
ソルティエ「本気でそう思っているのか?
      ならば、笑止!」
     「俺を倒しても何も変わらない。」
     「皇帝になれば理解できる。
      この国が、人ではない者の意志に
      よって動かされている事を!」

ジェノン勝利時
ジェノン「僕達は勝って、
     理想の帝国を築き上げる!」
ソルティエ「ククッ、帝国は変わらない、
      魔竜の意志がある限り……」

ジェノン敗北時
ソルティエ「やはり口だけか……」
     「戦う意思がないならば、
      戦場を去れ!!」

メデューテ隣接会話
ソルティエ「お前と剣を交えると、
      俺の魔竜の力が疼くのを感じる。」
     「お前はもしや、あの一族の……」
メデューテ「あたしはあたしだ!」

メデューテ勝利時
ソルティエ「やはりな、
      その刃、竜殺しの末裔か……」
メデューテ「だから、どうだというのだ。」
ソルティエ「結局、望まぬうちにも。
      お前は運命に取り込まれている
      という事だ。」
メデューテ「運命など、ない!
      自分の生き方は自分で決める!!」
ソルティエ「フッ、無理だな……
      俺がそうであったように。」

メデューテ敗北時
メデューテ「この荒々しさ、
      ガルカーサと同じ…
      これが、魔竜の力か……」
ソルティエ「どうした?
      魔竜を狩りに来たのではないのか?」
メデューテ「……!」

アイギナ隣接会話
アイギナ「この男が皇帝…
     ブロンキアの頂点に立つ男…」
ソルティエ「散れ! グラムブレイズ!!」

アイギナ勝利時
ソルティエ「グッ……」
アイギナ「通じる!
     私達の剣は、皇帝に届く!!」

アイギナ敗北時
アイギナ「ガルカーサ様と同じような
     突撃力だわ……」
ソルティエ「甘さを捨てろ。
      そうでなければ、道は死路のみ!」

レオン隣接会話
レオン「久しぶりだな、ソルティエ!」
ソルティエ「…レオンか。
      こうなる事は予想していた。」
     「お前の目は、
      正に狂犬の目だったからな。」

レオン勝利時
レオン「なんだぁ?
    お前の力はそんなものなのか?」
ソルティエ「グッ……」

レオン敗北時
ソルティエ「相変わらず乱暴な攻めだ。
      父と同じく、無能だな……」
レオン「だまりやがれ……」

ネシア隣接会話
ネシア「陛下、そのお命、
    供物として頂戴しますよ。」
ソルティエ「供物? 誰の供物だ!」
ネシア「勿論、
    新皇帝ガルカーサ様のですよ。」

ネシア勝利時
ソルティエ「な、なんだ、この術は………」
ネシア「フフフ……」

ネシア敗北時
ソルティエ「貴様が加入してから、
      グラムブレイズは変わった。」
     「貴様、何者だ? 目的は何だ?」
ネシア「…フフフ。
    それを聞いて、
    どうしようというのですか?」

バルドゥス隣接会話
バルドゥス「ン……」
ソルティエ「ためらいか、バルドゥス?
      フッ、弱い男だな。」

バルドゥス勝利時
ソルティエ「さすがは軍神…
      一撃一撃が重い……」
バルドゥス「陛下……」
ソルティエ「盾が、刃向かうとはな。」

バルドゥス敗北時
バルドゥス「ぬぅっ!!」
ソルティエ「一気に押し返せ!!
      ブロンキアの盾を打ち砕き、
      革命の勢いを失速させるのだ!」

ユーディ隣接会話
ソルティエ「魔術アカデミーで首席を取った
      ユーディだな?」
ユーディ「なんで、知ってるのよ。」
ソルティエ「砲の論文を読んだ。
      手元に置きたかったが、
      他の魔術師が強固に反対した。」
     「今からでも遅くない、俺に仕えよ!」
ユーディ「私、嫌なのよ。
     そういう上からの物言いがね。」

ユーディ勝利時
ユーディ「なによ、大した事ないわね。
     もっと骨のある男だと思ったのに。」

ユーディ敗北時
ソルティエ「まずまずだな。
      だが、実戦はやはり素人同然。」
ユーディ「まだ上から目線?
     楽に死にたいんでしょ?
     いい加減にした方が良いわ。」

ジルヴァ隣接会話
ジルヴァ「標的、ブロンキア帝ソルティエ。
     射撃用意ーッ!!」
ソルティエ「弓兵かッ!」

ジルヴァ勝利時
ジルヴァ「次、装填せよ!」
ソルティエ「クソッ……」

ジルヴァ敗北時
ジルヴァ「ぐくっ、手負ったか…」
ソルティエ「間合いを離させるな!
      このまま一気に突撃し殲滅する!!」

ミゼル隣接会話
ミゼル「俺達の怒りを、受けやがれッ!!」
ソルティエ「この双剣が切れ味、
      自分自身で確認したいようだな。」

ミゼル勝利時
ミゼル「オイラ達は、勝てるッ!
    革命を成し遂げられるぜ!!」
ソルティエ「革命?
      してどうする? その後は?」
ミゼル「そ、その後……?」

ミゼル敗北時
ミゼル「くうっ、手強いッ!!」
ソルティエ「双剣の味、その身に刻め!」

スレイプ隣接会話
スレイプ「アンタが仲間を……」
ソルティエ「ン?」

スレイプ勝利時
スレイプ「ねぇ、アンタ。
     ウンディーネ達を貢ぎ物に
     求めたのはアンタか?」
ソルティエ「ウンディーネを求める?」
     「ああ、水軍の拡充にと思ったが
      運送途中で全員死んだらしい。」
     「ン? もしかして……」
スレイプ「そう、ヒック……
     それが聞けて、良かったわ。」

スレイプ敗北時
ソルティエ「やはり地上では、
      全く役に立たぬ種族よ。」

バイフー隣接会話
バイフー「お前が皇帝か。
     高位の人間であるお前の行為を、
     誰も否定しなかったのだろうな…」
    「否定されない、
     まさに肯定された皇帝だな。
     なーんつって!!」
ソルティエ「クックッ、面白いじゃないか。
      殺すに値するケモノだ……」

バイフー勝利時
ソルティエ「恐ろしいまでの攻撃力……
      侮っていれば、死ぬ。」

バイフー敗北時
ソルティエ「その力では、俺は斬れん!!」

イータ隣接会話
イータ「あらあら、
    渋みのあるいい男ですわね。」
   「宿敵でなければ、
    ごちそうになるところでしたのに。
ソルティエ「寄るな! 女ッ!!」
イータ「まぁ、お声もよろしくってよ…」

イータ勝利時
イータ「あら? もしかしてお弱い?
    格好良いのは見かけだけのようで。」

イータ敗北時
イータ「あらあら、私としたことが、
    しくじってしまいましたわ。」
ソルティエ「おかしな技を使うものだ。
      お前、人間ではないな…」

パメラ隣接会話
パメラ「どうもぉ、皇帝陛下!」
   「どーせアレでしょ、
    悪どい事して魔法のアイテムを
    ごっそり溜め込んでるんでしょ?」
ソルティエ「奪いたいのか?
      ならば力で奪ってみろ。」
パメラ「わぁ~ぉ!
    それじゃ、お言葉に甘えてっと。」

パメラ勝利時
パメラ「さあ!
    レアなアイテムをお出しなさい!!」
ソルティエ「何者だ、お前…?」

パメラ敗北時
パメラ「あじゃぱ~☆
    やられちゃったじゃないの!!」



チャプター6 cルート「この世界を生きて」
BF「死闘、命果てるまで」

ジェノン、エミリオ、ネシア、バルドゥスはcルート出撃不可

ガーロット隣接会話
ガーロット「ネシアに操られるとはな。
      つくづく見下げた皇帝だな……」
ソルティエ「黙れ、黙れ!
      俺は操られてなどいない!!」

ガーロット勝利時
ガーロット「呆れるな、その程度の剣で、
      世界を獲れると思っているのか?」
ソルティエ「ほざけ……、下郎が。」

ガーロット敗北時
ガーロット「皇帝の双剣捌きは相当のものだ。
      隙をまだ、見いだせない……」
ソルティエ「グラムブレイズ!
      まみえるのを楽しみにしていたが、
      これほどの力しかないとはな。」

シスキア隣接会話
シスキア「嫌な男だとは思っていたけどさ。
     もうホント、無様だよ」
ソルティエ「ほざいていろ! 小娘!!」

シスキア勝利時
シスキア「私の放つ矢には、
     圧制で虐げられてきた
     みんなの思いがこもってる……」
    「その思いを、
     痛みとして受け取りなさい!」
ソルティエ「言いたい事は、それだけか?」

シスキア敗北時
ソルティエ「どうだ! 俺の力ならば、
      世界征服など容易き事よ!!」
シスキア「征服してどうするの?
     その後は!?」
ソルティエ「その後は…、ウグッ……」
シスキア「その野望、
     ネシアの術で言わされているって、
     まだわからないの?」

メデューテ隣接会話
メデューテ「いい加減に、目を覚ませ!」
ソルティエ「何を言っている!
      俺の目は見開かれているぞ!!」

メデューテ勝利時
ソルティエ「この刃筋、勇猛なる攻勢……
      受ける度に血が沸き、踊る!」
     「まだ、戦いは始まったばかりだ。
      クククク……」

メデューテ敗北時
メデューテ「打ち込みが、速いッ!!」
ソルティエ「皇帝の武、その身に刻み!
      恐怖と変えるがいい!!」

アイギナ隣接会話
アイギナ「このまま皇帝を放置すれば、
     王国を攻め滅ぼすべく
     兵を挙げたはず……」
    「しかし、
     私はそれを止めようとしてる……」
    「間接的に王国を守ることをして、
     これで本当にいいの?」
ソルティエ「何をぶつぶつ言っている。
      戦いに迷いなど、必要ない!!」
アイギナ「確かにそう……
     迷っている余裕などありません…」

アイギナ勝利時
アイギナ「私の中で何かが変わっている……
     復讐よりも大切なものを
     みつけ出せたのかもしれない。」
ソルティエ「やるなッ、グラムブレイズ!!」
アイギナ「そうか…、そうなのよね。
     私はグラムブレイズ一員。
     振り返れば、常に仲間が居る。」

アイギナ敗北時
ソルティエ「何をしている?
      動揺が剣に出ているぞ。」
アイギナ「迷いを断たなければ……」


レオン隣接会話
ソルティエ「見知った顔が来たな…
      今さら復讐のつもりか、レオン?」
レオン「復讐? ふざけるな!
    俺は戦いが好きなんだよ!!」

レオン勝利時
ソルティエ「腕を上げたようだな。」
レオン「当然の事を言うなよ……」

レオン敗北時
レオン「くそっ、しくじったぜ……」
ソルティエ「それ程の武か……
      ならば、次はないと知れ。」

ユーディ隣接会話
ソルティエ「俺の覇業の邪魔をするならば
      容赦はしない!」
ユーディ「結構な事ね……
     まぁ、言ってなさい。」

ユーディ勝利時
ユーディ「私にも勝てやしないで、
     世界征服なんて、よくも言えるわね。」
ソルティエ「ククク……
      挑発のつもりか? 小娘。」

ユーディ敗北時
ユーディ「流石ね。
     その強さ、バルドゥス将軍にも
     劣らないわ。」
ソルティエ「バルドゥスの本質は守りだが、
      俺の本質は攻めだ!」

ジルヴァ隣接会話
ジルヴァ「止めてみせる、絶対……」
ソルティエ「その細き腕で、止められるのか?」

ジルヴァ勝利時
ソルティエ「このような力が、どこに……」

ジルヴァ敗北時
ソルティエ「研ぎ澄まされた動き……
      お前、裏の世界の人間だな。」
ジルヴァ「かつては日の光を常としない
     暗く深い常闇にいた。
     光をくれたのは、あいつらだ。」
    「あいつらと一緒にいれば、
     私も光を掴めるかもしれない。
     だから、私は……」

ミゼル隣接会話
ソルティエ「戦いに胸が沸き上がる!!
      戦争だ! 戦争が始まるのだ!!」
ミゼル「これ以上の戦いは、
    俺達が絶対に止めてやるさ!」

ミゼル勝利時
ソルティエ「おのれ…、邪魔はさせん!」
ミゼル「オイラが止めるって言っただろ。」

ミゼル敗北時
ミゼル「ちぃっ!!」
ソルティエ「脆弱だな、凡人風情が!
      そこで這いつくばっていろ……」

スレイプ隣接会話
スレイプ「ヒック……
     なにがどうなっているのやら……」

スレイプ勝利時
スレイプ「っていうか、アンタ誰?
     で、ここはドコ? ヒック…」

スレイプ敗北時
ソルティエ「超人的な体さばきだが、
      俺には見切れるぞ!」
スレイプ「ヒック……、なんだよ、それ…」

バイフー隣接会話
バイフー「皇帝よ、いろいろ辛いんだろ?
     肩揉んでやろうか?
     こってんだろ? 皇帝だけに…」
    「なーんつって!!」
    「わかりづらかったな。
     死ぬか? これは?」
ソルティエ「今ここで死ね!」

バイフー勝利時
バイフー「しかし、複雑な要塞だ。
     よう最後まで諦めずに造ったな。
     ようさいだけに! なんつって!」
ソルティエ「余裕だな、獣人よ……」

バイフー敗北時
バイフー「双剣は戦うモノではない。
     国に貢献するものだ……
     そうけんでこうけん、なんつって!」
ソルティエ「余裕だな、獣人……」

イータ隣接会話
イータ「あらあら、渋みがありし男前。
    なかなかのど真ん中直球ですわね。
    これでお強いならば……」
   「あぁ…、
    私の身体の女の部分が
    熱くなってくるのを感じますわ。」

イータ勝利時
イータ「あらあら、残念ですわね。
    圧倒的に『強さ』が足りませんわ。」

イータ敗北時
イータ「あらあら、お強いですわね。
    しかし、どうやら自身の力では
    無い様子。」
   「やはり、誰かに操られているのは
    事実のようで。」
ソルティエ「黙れ!
      俺は誰にも操られてなどいない!!」

ベアトリーヌ隣接会話
ソルティエ「お前が俺を阻むというのか。
      面白いな……」
ベアトリーヌ「完全に、ネシアの術中にあります。
       止めなければ……」

ベアトリーヌ勝利時
ソルティエ「それごときか…、効かぬな。」
ベアトリーヌ「ネシアの呪縛の力は、
       相当なものです……」

ベアトリーヌ敗北時
ベアトリーヌ「私は後悔しています。
       あなたの呪手術に、
       ネシアを同道させてしまった…」
ソルティエ「まだ言うのか?
      俺は操られてなどいない。」

パメラ隣接会話
ソルティエ「逆らう者は斬り捨てる!
      覚悟のある奴だけ前に出ろ!!」
パメラ「うほっ! 超・悪・党・面!!
    この面構えじゃあ、
    悪巧みするのも当然だわさ☆」

パメラ勝利時
ソルティエ「なんだ、この魔術……
      隙が見あたらない!」
パメラ「ムフフのフ☆
    皇帝がこの程度の強さでしょ。
    もう帝国って終わり? みたいな。」

パメラ敗北時
ソルティエ「フン、この程度か。」
パメラ「ムキィ~!
    ちょっとちょっと!
    調子に乗りすぎじゃない!?」




Cルートは絶対に許さないよ
おい何笑ってんだ潰すぞ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

イータ(女)のセリフがやばい
これだけじゃなくて全体的に
こんなキャラだと誰が予想できただろうか

No title

女イータは本当に害悪
ジェノン追悼時の発言といい何とかなりませんかねこの子
男イータはデザインとか口調とか好きなんだけどなぁ

ってそこじゃねえだろ!
ソルティエを見ろよ!

No title

あれ?酔っ払いの隣接会話がないような気がするんですが。

No title

ななな何のことか判らないんやなw
見間違いなんやなw



誠に申し訳ございません素で忘れておりました
こっそり追記しておきました
誰か忘れてるとは思ったんだ、思ったんだけど…

No title

Cルートのアイギナたんの隣接台詞はゲーム中で見られてラッキーだった
なかなか重要な台詞なのれす

No title

直接敵と関連が無いようなキャラでも、そのキャラの心情や重要な設定言ってたりするから隣接会話は面白い
個人的にはソルティエ戦だけでなくa全体のジェノンとかネシアが好きです
cのアイギナはaルートやbルートとは違う、状況と本人の心境の変化の描き方が上手いと思う
ユニオンシリーズ公式サイト
Yggdra Union
Blaze Union
プロフィール

ねりぽ

Author:ねりぽ
SO4プラチナトロフィーとったぞクズどもー(^o^)ノ
2010/5/27祝ブレイズ・ユニオン発売!
グングニル続編を待ち続け早深淵
当ブログはソルティエを応援しています

グングニル体験版の件で作ったtwitter垢
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。